本論『ものまねボイトレ』

第5章は、自分にふさわしいフォームをモノマネで見つけよう、といった内容を述べています。

第5章「すべての身体操作は、自分にふさわしいフォームを探し求めている」

 「良い声質」とは、その人に合ったいちばんふさわしい声のことですが、では、「声質」とは何でしょうか?
 それはフォームの顕在化です。
 フォームとは、発声様式のことです。
 口腔など、音の反響する場所・形・角度などが変化すると、声質が変わってきます。
 フォームが変わると声が変わるのです。

 そのフォームを、意図的に、随意に発現できるようにすることが、身体操作でよく使われる用語である「フォームを固める」ということになります。
 たとえば、野球の素振りです。
 素振りは、フォームを意識しないでおこなうなら、何百何千回やろうとも無意味です。
 たまに、チカラまかせにバットをふってる選手がいますが、筋トレ以外の意味はないでしょう。
 野球がじょうずになるどころか、ヘタになる可能性さえあります。

 といいますか、「すべての身体操作はフォームを固めることが目的だ」とも言えるかもしれません。
 たとえば習字において、思ったように線をえがくことは、フォームを抜きに語ることはできないでしょう。
 正座をし、背筋を伸ばし、半紙に正対する。
 たぶんこれは、習字をきわめれば、きわめるほど、よりいっそう大事なことになってくる筈です。
 野球も、100メートル走も、楽器演奏も、同じです。
 すべての身体操作は、究極的にはフォームを固めるためにある。
 そう言い切ってもまちがいないでしょう。

 別の表現をするならば、自分にふさわしいフォームを見つけ出せた人が「一流」なのです。
 身体操作の分野においては、これが定理だと思います。
 一般的には、一流だから自分にふさわしいフォームを見つけ出せたと考えられているかもしれません。
 でも、実際は、逆です。
 かんちがいしやすい所ですので、気をつけてくださいね。
 野茂投手もイチロー選手も、一流だからフォームを見つけたのではありません。
 フォームを見つけ出せたからこそ、一流選手になれたです。
 ぼくは、そう考えています。

 「歌」も身体操作のひとつですから、ベストなフォームを見つけ出せるかどうかが、最も重要な課題です。
 ところが、喉(ノド)は、外から見えません。
 視覚的にフォームを確認することができないのです。

 でも大丈夫。
 フォームの変化は声質に現れるのでしたよね。
 口腔など、音の反響する場所・形・角度などが変化すると、声質が変わってくるのです。
 つまり、ベストなフォームを見つけるということは、ベストな声質を見つけ出すことと、イコールだと言えます。

 ですのでぼくたちは、良いフォームで歌えているかどうかを、良い声質で歌えているかどうかを判断材料にしていけばいい、ということになります。
 意識を声質のほうにシフトしていい、ということですね。
 強くフォームを意識する必要がない、とも言えます。

 さて、野球にせよ、サッカーにせよ、身体操作において、フォームをゼロから作り出すことは可能でしょうか?
 そんなことができるのは、数十年にひとりといったレベルの、天才だけですよね。
 ふつうの人には不可能です。
 ほとんど多くの人は、モノマネから始めるのです。

 えっ?
 モノマネなんて、低レベルですか?
 でも、「学ぶ(まなぶ)」の語源は「真似ぶ(まねぶ)」だとも言われています。
 モノマネをあなどっては、いけません。

 たしかに人は天才にあこがれます。
 自分も天才じゃないかと勘違いしがちです。
 でも、とうぜんのことながら、ほとんどの人は凡人です。
 その事実を知ったとき、人はどのような行動をとるでしょうか?

 ぼくは野球が好きだ。でも、ぼくは天才じゃなかった。どうしよう?
 野茂投手やイチロー選手は、あきらめませんでした。
 練習し、自分をみつめ、自分にいちばんふさわしいフォームを探し出しました。
 だからこそ一流選手になれたことは、先ほど申し上げましたよね。

 あなたは歌が好きです。でも、天才じゃなかった。。どうしましょう?
 あきらめますか?
 でも、どうせならこのWebサイトを参考にして、モノマネしてみましょう。
 徹底的に学んで(まねんで)みましょうよ。
 野茂投手やイチロー選手みたいに、一流になれるかもしれないのですから。

声練屋やすべぇ(こえねりや・やすべぇ)

<< 前の章次の章 >> 第6章「発声法を知らずにぼくらは育った」

概論はコチラ

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加