本論『ものまねボイトレ』

第4章は、日本人は声質に強いこだわりを持っている、といった内容を述べています。

第4章「日本人の耳をあなどるなかれ」

 日本人の中には、欧米のものを素晴らしいと礼賛する人が多くいます。
 音楽の世界にも、もちろん、いっぱいいます。
 教育的なクラシックの世界だけでなく、本来、民衆のものであるはずの、J-POPの世界にも、そういう人が多くいます。
 「歌」についても、欧米のほうがすぐれてる、と言う人がいたりします。

 もちろん好みの問題もあります。
 ですから、欧米の歌のほうが好きだという意見に、異を唱えるつもりはありません。
 好き嫌いは、しょうがないです。
 しかし、欧米人の歌声のほうが「すぐれている」という意見には、断固として反対しましょう。

 欧米人のほうが、日本人より、たとえばピッチが正確だとか、リズムが立っているとか、「すぐれている」ことを立証しようとする意見があります。
 これらは間違った意見です。
 いくらピッチが正確でリズムが立っていても、それは「すぐれている」ことには直結しないからです。
 とはいえ、これらの問題について深入りすることは、今は置いておきます。
 ただひとつ、欧米人の声質のほうが日本人の声質よりも「すぐれている」という意見についてだけ、論考してみたいと思います。

 クラシックにせよ、ポップスにせよ、欧米の歌を、ぼくは好んで聴きません。
 なぜか?
 それは、ズバリ、飽きるからです。
 歌声がツマラナイからです。

 欧米人の歌は、一般的に言うならば、たしかにうまいです。
 ピッチが正確で、リズムも立っています。
 いまどきはデジタル技術で、いかようにもできますから、日本人の歌声もうまくなりました。
 遜色ないです。
 でも、たしかにレコード時代の歌は、あきらかに日本人と欧米人とは、違います。

 とはいえ、欧米の歌は、つまらないです。
 歌声が、単調です。
 すぐ飽きてしまいます。
 そう。じょうずヘタとか、感動するしないとか以前に、飽きるのです。

 これは、日本人の耳が、欧米人の耳とは異質だからです。
 よく言われることですが、虫の鳴き声を、日本人は風流だと感じますが、欧米人には単なる雑音と感じられるらしいです。
 これは、虫の音を、日本人は「左脳」で聴いて、欧米人は「右脳」で聞くから、とのことです。
 周波数成分などは全くおなじ音でも、日本人と欧米人とでは、感覚的にはまったく別の音に感じられるのです。

 この、日本人の耳と欧米人の耳の違いは、とうぜんのごとく、歌声にも反映されます。
 歴史的に日本人は、歌声に対して、非常に強いこだわりを持っています。
 その最たるものが、浪曲や義太夫などの、ダミ声です。
 日本人は、ノドをつぶして雑音を多く含ませた、あのダミ声をとても好んできました。
 尺八奏者の中村明一さんは著書の中で、日本人は「倍音」を好んできた、とも論じています。
 非常に参考になりますので、興味のある人は、中村明一さんの本をご覧ください。

 ともかく、理論的なことは、置いておきましょう。
 聞けばわかります。
 欧米人の歌声は、バリエーションが少ないです。
 日本人の耳からすれば、あっけないくらい。極端に少ないです。
 だいたいオペラ唱法とファルセット、あとはその亜流だけ、と言っても過言ではないでしょう。
 HIPHOPなどのブラックミュージックでは、エフェクトをかけて声質をかえる例も増えましたが、なま声で考えてみれば、ほぼ同じです。

 対してJ-POPのシンガーの声には、たっくさんのバリエーションがあります。
 ダミ声あり、ウラ声あり、アニメ声あり。
 どこから出してるねん、って声もあったりします。
 そんな声の出し方してたら健康に悪いだろう、なんて心配になっちゃう発声法もあります。
 みんな一生懸命、あれこれ考えて、歌っているのです。
 長渕剛さんの「しゃっくり唱法」なんて、ぜったいに欧米の文化からは生まれなかったでしょう。
 あんな歌い方、日本人以外に考えられるとは、ちょっと思えません。
 日本人は、歌声に、強いこだわりがあるのです。
 それは、はるか昔から、今も、ずっと続いているのです。

 ですから、声質に関してだけは、欧米人より日本人のほうがすぐれています。
 これは、断固として、まちがいありません。
 どれほど欧米のものを素晴らしいと礼賛する人でも、この事実だけは受け入れましょう。
 日本人の耳は、歌声に関しては、おそろしいぐらいに、すぐれているのです。

 そう、おそろしいぐらいに。
 J-POPのシンガーの声にたくさんのバリエーションがあるということの裏返しには、まがいものを許さない厳しさがあるとも考えられます。
 ちょっとやそっとボイトレした程度のオペラ唱法で世に出ようったって、そうは問屋がおろさないよ。
 ムリして作ったようなアニメ声には何の魅力もないよ。などなど。
 みんな見すかされるのです。
 偽装や作り物は通用しないのです。
 考え方によっては、これほどおそろしいものは、ありません。
 なぜなら、あなたの歌声がハンパな歌声だったとしたら、生き残れない世界だからです。

 だからこそあなたは、あなたにとっていちばんふさわしい声を手に入れなければならないのです。

声練屋やすべぇ(こえねりや・やすべぇ)

<< 前の章の章 >> 第5章「すべての身体操作は、自分にふさわしいフォームを探し求めている」

概論はコチラ

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加