本論『ものまねボイトレ』

第3章は、あなたにとっての良い声とは、あなただけのもの、といった内容を述べています。

第3章「良い声とは、その人に合ったいちばんふさわしい声」

 歌を聴いて感動するのは、良い声質で歌われるからだ。
 そう考えていることを、前章で申し上げました。
 では、「良い声質」って何でしょうか?
 
 今の若い人は、どうなのかなぁ?
 あるていどの年齢の人にとって、「良い声質」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、オペラのような歌声じゃないだろうか、と思います。
 ぼくらが子供のころは、浪曲とか、演歌「女のみち」とか、ちまたにはけっこうダミ声があふれていました。
 でも、なぜか教育現場では、ああいうダミ声を否定していたのですよね。
 オペラのような、まぁ、なんといいますか、伝統的な日本の発声法からは程遠い歌い方が、学校内では好まれていたのです。
 たぶん、時代が、そうだったのです。
 日本的なものは全部ダメ。欧米のものは全部すばらしい。
 そういう時代だったのです。

 ですから、あるていどの年齢の人は、「良い声質」とはオペラのような歌声だ、と考えてしまいがちです。
 そういう癖がついてるんですね。
 でも、このWebサイトで言う「良い声質」とは、オペラのような歌声とは全然ちがいます。
 気をつけてくださいね。

 たぶん、今の若い人は、きっと自由な教育を受けてきたのでしょうから、こういった悪い癖は、ないことだろうと思います。
 素直に、「良い声質」とは何か? を受け入れられることでしょう。
 そう。
 このWebサイトで言う「良い声質」とは、その人に合ったいちばんふさわしい声のことです。

 ひょっとして、こんな人が存在するかもしれません。
 カラオケの機械採点では、そこそこ良い点数を出すけけど、聴いている人からは、なんだか物足りないって言われる。
 バンドを組んでボーカルをやったら、ヘタではないんだけど、パンチがないとか言われる。
 悪くないんだけど、なんか違う。

 たぶん、それは、その人にとって、ふさわしい声質で歌っていないからです。
 借り物のような声で歌っているからです。
 自分にピタッと合った声で歌えば、聴く人の心が動くはずです。
 少なくとも、このWebサイトでは、それは自明の事実だと考えます。

 では、あなたにとって、いちばんふさわしい声とは?
 ひょっとしたら、それは、ダミ声かもしれません。
 あるいは、アニメ声かもしれません。
 ハスキーボイスかもしれませんし、ドウマ声かもしれません。
 一周回って、オペラ声かもしれません。
 それはぼくにはわかりません。
 わかるのは、あなた自身だけです。
 なぜならばそれは、あなただけの声だからです。

 まちがっても、他人の意見をうのみにしないでくださいね。
 オペラのような歌声が良い声だ、という人物は、日本には数多くいます。
 特にボイトレ界には、たくさんいます。
 でも、正直に言って、日本人はオペラのような声が嫌いです。
 そうでしょ?
 あなたも、あなたも友達も、オペラって聴きに行きますか?
 なのに、なぜか世間では、オペラのような声が良い声だ、なんて俗説が流布しているのです。
 こういった他人の意見に、まどわされないようにしてください。

 あるいは、アニメ声。
 最近は声優ばやりで、アニメ声がモテはやされています。
 ある種のムーブメントでしょう。
 これに乗っかることも、商業的な手法としては、アリなのかもしれません。
 でも、アニメ声があなたにふさわしいわけではないのだったら、やっぱりやめたほうがいいと思います。
 流行だから、とか、みんながやっているから、とか、そんな理由で自分の声を選んでは、いけないと思うのです。
 時代の波というのは、かなり巨大ですから、個人であらがうことは困難かもしれません。
 でも、できるだけ流されないようにしてくださいね。

声練屋やすべぇ(こえねりや・やすべぇ)

<< 前の章次の章 >> 第4章「日本人の耳をあなどるなかれ」

概論はコチラ

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加